有沢縫の活動情報、お知らせなど。
移転先→ http://nuiarisawa.com/vr/
スポンサーサイト - 20170928 /

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
BLOG移転しました! - 20170928 / 19:55

広告などいろいろ耐えかねたので、BLOGを移転しました!

こちらです!

リンクしてくださっている方など申し訳ないですが、どうぞおゆるしを!

 

http://nuiarisawa.com/vr/

【二次】『闇に陽光〜』の打ち上げをしてきたアミーゴ - 20170917 / 03:33

※まさりゅう本、ネタばれ気味です、お気を付けを!

 

(本の実物がないとちょっとさびし〜ね、と話しをしてました・涙)

 

あ・ざ・ま・す!!!

ただそうひとこと絶叫しまくりたい今の気分!

 

つーわけで、やっと一ヶ月越しにですね、まさりゅう本の完成祝い打ち上げをしてまいりました。

(脱稿自体はちょうど一ヶ月前くらい)

いつも校正、編集担当をしてくれるだっくるさんと、念願のカラオケに!!

 

はい3時間!

まじで、某曲しか入れていないっていう!!!!

そして一回も歌わなかったという!!!!

こんなカラオケ人生初めてだべ……。

 

わたしは試打会に行ったり動画撮ったり、その後動画サイトなどで結構見たので、わりとしっかり見ていたんですが、やはりクリアリーな大画面で見る初老(!)の実写ふたりを見たら、もう溢れて溢れて……

何がって、愛と感謝ですよ。

 

あのぱちんこがなければ、私は今回の本を出しただろ〜か!

後書きを読んでいただいた方はおわかりかと思いますが、あの実写映像のせいで、今回パーン! ってなったんですわ!

あ、もう、書くなら今しかねえって。

 

それを改めて見て、なんだろうたった数ヶ月の間ではあったんだけど、この映像からあの本が出るまで、すごい道のりだったなとしみじみしましたよ。

だっくるさんも、もう近年稀に見るわたしのとんでもない熱量とスピード感に、もう笑っちゃってさ(笑)。

とにかくいろんな奇跡に感謝しか出ない。

まさとりゅうの存在に、ひっさつという作品に、ひっさつにあのふたりをキャスティングしてくれた方に、まさとりゅうの中の方の細胞と魂すべてに!!! もうすべての偶然と必然に感謝せざるを得ないでしょう!

あともんど! もんどだよ!

 

ほんっとうになぜか今回書いた作品は、妙に思い入れが深く、やっぱり勢いと熱量がすごかったからかな、もうそっから結構、新作を書けるかっつったらだいぶ枯れ気味なんですけど、それくらい結構書いたな! という感覚があります。(謎)

 

でも本当はもっと書き込みたいところもあって、でもこれ以上書いたら台無しになる、というギリギリのラインもあって、そこの間をきりきりしながら刻み込んでいく作業なわけですが、やっぱりやっぱり、ここに込めたんだ!!! 全部は書かないけれど!! みたいなものっていうのがある!

それを本当は、語りたくて語りたくてしゃーない!!!!😂

もう余剰の熱がすごいんだよな。なんなんだこれ。😄

 

でも語っちゃうともうそれは即座に不細工なので、ほんとうに難しくて……

いやだってそんなさ、どうでもいいんですよ人の二次創作のことなんざ。鬱陶しいですよお前の細かい思いなんてって。誰もお前には興味ないよですよ😂

(わたしはめっちゃ人の知りたい人だけどね!!!)

 

でもまあいっか。自慰行為なら自慰行為で開き直っていい気がしてきたなと思ったりもしてね!

 

だからね、下弦の月のこととかね、牡丹も椿もね、もちろん南天の実のこととかね、タイトルに引用させていただいた歌のこととかね、もう、あれもこれもすっごい話したい!😂

あとりゅうの唇にアレでこれとかね、ふくらはぎとかね!(笑)

だっくるさんは、水盆と若党がすごくすごく気に入ってくれていた(笑)「若党いいね!!!」って言ってたwww

わたしは旗本いいね!! もっとやれ!! って思ってる。ゲスいですごめん。

 

原作もそうだし、中の人の影響もそうだし、まさとりゅうの生き方もそうだけど、今作はなんだかものすごくたくさんのものを有機的に絡めながら書いていけるのが、すごい楽しかったんですよね。成功したしないは別として。

だっくるさんはそれを「すごい○○的だなぁ」って言ってたんだけど、ん〜〜なんて言ってたか、バカだから忘れちゃった!!><

(笑)

メタファでもなくてなんだっけな〜なんだっけな〜出てこないな〜。

 

でももちろんそのぶん、苦しむこともめーーーちゃくちゃあったんだけど。

いやすげえ苦しかった。なんでこんなことして苦しんでいるのだろうって我に返って苦笑いしてた。(笑)

 

 

でもご感想いただいたり、脱稿に際してだっくるさんからこういうコメントを貰えたりして、ほんっと嬉しいっていうかね!

 

だから込めたぜ!! っていうところを、意味はわかんないけどそこの重みは感じるって、感じ取ってもらえればもうそれでいいよなって思うんですよね。

ただ表面的に、起承転結を書いてはいチャンチャンっていうのは、小説では別にやる必要性がないって自分の場合は思っているので(あくまで自分で書く場合はね!)、そこの下のところに込めたものっていうのを、においだけでも感じてもらえればもうそれで本望か、と。

でも本当は、めっちゃ語りたい、と。(笑)(笑)(笑)

 

それはうんちくを出したいのでは決してなくて、説明したいという、最低最悪なやつですわ。😂

超単純ね。(笑)

あのねこれね、こうなの〜〜! って話したいだけなの(笑)。

自分の好きとか、綺麗とか、めっちゃいいよねって思ってるところを込めているようなもんだから、それを共有したいっていうだけなんだな!

 

作者しゃしゃりすぎ、萎える〜〜😂

自分語りして興味持ってもらえるの、芸能人だけだから〜〜〜〜😂

 

 

いや〜しかし今回は、刺さるポイントっていうのが人によって違うんだなあと思ってご感想を読ませていただいたんですが、

ある人はりゅうの運命に感情移入して哀しんでいるし、

ある人はがっつりりゅうに感情移入して恋愛的に読んでいるし、

ある人は、殺しシーンにめっちゃ燃えてたりするしwww、

みなさんが、「ここ!」って教えてくれる箇所っていうので、どういう視点なのかがわかって面白かったりします!

悲劇好きか、甘々好きかもわかる!(笑)

 

でもどうやらあんまりゲスい方はいらっしゃらないようですね???

わたしくらいか〜もっとやれよ!! って思ってるのは。

残念だなあ……。

 

 

あ、ちなみにイメージレスポンスも続編も番外編も、まだ届いてませんし!?

待ってますからね!!

アウトプットしちゃって足りないの〜!

誰かまさりゅう、供給してぇ〜〜!><

 

 

……で、何の話だったっけ。

あ、田中様ですね。

そうです。だっくるさんが、「いやあ田中様本は出すべきなんじゃないでしょうか(笑)」っていうんですよね。

 

問題はシリアスかギャグかなんですよ。

あと人称ね。

どうすんの?

 

「わたしは……」って書くの?

「熊五郎は……」って書くの????

 

もう三人称、爆笑じゃん!!

でもこれでどシリアスにしたくなるわたしの悪い癖ね。

みなさんはどっちが読みたいでしょうか?

甘く切ないラブストーリーか、バカな話か。(何にせよバカですけどね)

ご意見待ってますね。😂

 

だいじょうぶです。

もうプロット、ほぼできつつあります。

まさりゅう、います。前提でいます。

 

にぶちんの花屋のまささんと、

最初は陰湿な嫌がらせをされていたけど、懐かれてしまうりゅうさんとかいますよ。

 

あとはどう度外視企画のしながわさんを巻き込むか、ですよ。

洗脳は進んでるんですけどね!!!!!

 

つーわけで何この長文、いいから小説書けよって自分に思いますけど、とりあえずもうこもった熱を出さないことにはさ!

 

ま〜〜〜もうこんなんばっか目に入ってくるよっていうね!

 

いやしかしあのカラオケ何時間でもやってられるな。すごいわ。

歌いたがりのわたしが歌わないなんて、まさりゅう怖すぎだよって。

そんなことを言ってたら、どパンピーの姉に「あんたのほうが怖いんだよ」ってすごい冷静に言われたね!

 

あ〜いろんな奇跡に感謝、出逢いに感謝、友に感謝!

読んでくださった方にほんっとうにほんっっとうに感謝!!!!!

こんなにアツくなれているすべてに感謝!!

 

みなさんどうも、ありがとうございます!!!!

次回作っていつかな!

目標設定しないと駄目だね。

つかまさりゅうばっか書いてるわけにいかないのに何をしようとしているのかな自分は!

でもいい!

書けるときに書いておかないとね!

 

やっぱ本出してイベント出るかな〜〜う〜ん。

ヘヴィだなあ。

ま、やるときゃやるべ。やらないならやらない。😊

 

とりあえず以上、今日ばかりはハッピーでした!

創作(二次創作も)談義最高だ!

 

(投稿した時間が3:33だってのを見て、ひとりでイエーーーイってなってる、おやすみ!)

 

 

【二次】まさりゅうが楽しくて酒がすすむ2017秋 - 20170911 / 18:42

どうも、わたしです!

ちょっと長いです! 二次です!

 

(鬼灯! 一瞬作中に登場!)

 

先日出したまさりゅう本、一人でも読んでいただければマシですよねって感じでしたが、

実際は思った以上の方にお手にとっていただき、

なおかつ、ものすごくアツいご感想をいただいたりして、なんかすごい感動しちゃってダメです!

ほんっと顎ぷるぷるわなわなしちゃって、ぞぞ〜って両腕粟立つ感じ!

 

もうほんとうにほんとうに、

ありがとうございます……!!!

 

あ〜マイナージャンルで読んでご感想いただけるのって、

こんなにこんなに嬉しくて嬉しくてありがたいんだなって、改めて噛みしめました……。

(中身はあんなにマイナーどころかいかにもド真ん中系なのにね!)

 

しかしこうして自分が本を出せたのも、そして思った以上の方に手に取っていただけたのも、

まさりゅうの土壌を作ってくださった某度外視企画さんのおかげだと思ってるんですよ!!

(いきなりの名指し!)

 

もちろんそれまでにも、まさりゅうを書いてこられたかたがいるわけですが、

だけど知る限りもはや誰もいなくなってしまったところで、コツコツを作品を書いて出してくれていた……

そのおかげで、淋しい同士目を見りゃわかるから集まってきたわけじゃないですか!!!LOL

 

わたしなんかいってみれば、そこにあとから乗った人ですから、

まだまだ孤独な戦いみたいなのはしていないんですよね。

 

わたしもどうもアレコレと忙しくなっちゃうタイプなんですが、

もし、現役まさりゅう人工ゼロの状態だったら、本を出す気になれただろうか?

やっぱそこなんですよ。

 

忙しいなか一生懸命書くのは確かに萌えパワーでいけちゃうところもあるんですが、

でも読んでくれる人0の状態だと、今はちょっと頑張れなかった気がするんです。

やっぱり今回の『闇に陽光〜』もそこそこ時間かかってるから、

他のことそっちのけでやらないとならない。(笑)

 

そうまでしてひとつの作品にするって、必然性がないとなかなか大変。

大げさじゃなくてもこれって結構人生博打みたいなところ、あると思うんですよね。(笑)

この百何十時間があれば、稼げるし実績作れるし、って。←リアルガチ@てっちゃん

 

なのに読む人がいない状態だとやっぱりそれは、

「やってもちょっとなあ、それに萌えに生きてる場合じゃないよなあ(汗)」

みたいな冷静さが勝っちゃって、もしかすると出せなかったかもしれないんですよね。

 

だから、やっぱり0じゃない、すでにまさりゅうが好きな人がいるんだっていうのがわかったから、

「わたしもやる〜!」って、できたんだと思うんですよ。

そういう意味で、まさりゅう界のトップアイドル、度外視企画さんにはすごくすごく勝手に感謝しています!

 

で!

 

昨日はイベントがあって東京に来られるというんで、

そりゃあもうアツきこのパッションをぶつけに行くしかないでしょう!!!

っつーわけで、お邪魔しにいったんですが!!

 

ベイブリッヂ! 天気いいとよけいいい!

 

も一度ヨコハマですよ

 

 

営業終了時間まで、ひたすらまさりゅうと中の人について語りまくり……

 

うん、すごく営業妨害だったかも!!!!😂

 

さらにそのあとデートしませんか(キリッ)っつって拉致したあげく、

まさ中さんがトークショーされた場所のすぐ近くの居酒屋で、酒飲みながらさんざん語る語る……

3分の1は、わたしの田中様プレゼンで!!!!

 

「表か裏か」で主水を見送らざるをえないときの田中様、

背景ですごい心配そうにひとりだけあわあわしてるんだとか、

両親がいないんだとか、主水がいないとだめなんだとか……。

 

わし:「一緒に田中様本出しましょうよ!!」

あずささん:「いいねえ!」

って一瞬ノリかけた度外視企画さんですが、ほぼ同時に

「誰が読む……」って冷静になったシーンが忘れられません。切ない……。

 

でもほんとうにあっちゅーまに4Hかよ、みたいな感じで

わたしも思った以上にビールを結構開けていて……

瓶2本に、生2〜3杯くらいは飲みましたよね……これ多いのかなんなのわかんないんすけど。

 

もう本当に、人生でここまでまさりゅう語らせてもらったの初めてで、

死ぬほど死ぬほど幸せな時間でした……!!

しかもいろ〜んなリンクがあってめっちゃ面白かった!!!!

 

あと漫画描き、小説書きってそれぞれ悩みがあって、

やはりないものねだりだったり、あ〜〜そうだよなあ〜〜と思ったり。

たった一行、そのなかのひとつのことばを書くために、

何時間も調べ物をするから辛いっていう愚痴を聞いてもらったり(笑)

そもそもわたしもマンガも描いてた人なので、もちろん苦労は多少はわかるんですが……、

ああなるほど〜ってなったこともあり。

直接今作のご感想を聞かせていただいたり! うう(感涙)!

 

そういう普段は滅多にできない創作談義ができたのも、めちゃくちゃ有意義でした!

 

それと、まさりゅう論ですね!

ていうか、「竜ってこういう人じゃん」論!!

 

キャラの解釈ってひとそれぞれだと思うんですが、なんだろう、大人だから見える竜の姿ってあると思うんですよね。

わたしはリアルタイムの人じゃないんですが、きっと10代とかで見て二次創作してたら、もっと竜をすごいカッコ良く描いてしまうかもしれなかった。

 

でも今、自分が大人だから見える竜(とその中身からの影響)みたいなものってあって、

そういうところから考察する「竜ってこういう人じゃん」論みたいなのが語れて、

すごくすごくキラッキラした時間を過ごさせていただきました!

 

共通認識ってあるけども、

あずささんとこの、まさ&りゅうってすごい可愛いんだよな〜〜!

わたしは結構よりじっくり実写に近いものをと思って描くタイプなんですけど、

あずささんとこの2人は、なんだろう、すごく良い意味で現代のにおいがする!

今の時代に読むにたえられるっていうんですか!

決して古くさいにおいがないんですよね。(古くさいのは好きですよ!)

なんかピッチピッチしてるんですよね。初々しくて!

だから個人的にあの2人を二次創作したくなるくらい!(笑)

 

さらに人生のベスト映画が完全一致で、なるほど〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

って膝を叩いちゃうし!!!

 

楽しすぎてほんとうに時間を忘れ、写真も忘れた一日でした(笑)!

それが心残り!

 

 

で! そんな度外視企画さんの新刊も拝読しまして、

あのですね、行間や、竜の目、そういったものまで読み取ろうとすると、

ほんとうにめっちゃ深みの増すマンガだと感じました!

やっぱりそれは絵でしか表現できないものなんだと思うんですよね。

いいな〜〜〜!

空気感最高なんですよ!

 

ネタばれになっちゃうからたくさんは書けませんが、りゅうが抜け忍からまさと出逢うまでのお話は、

今回わたしが書いたテーマとも重なっているんですが、

わたしのなかで、これもいいな! って思っていたパターンを採用! っていう感じで

大変ツボを突かれました!!

ええ、ええ、そりゃもう自分のやりたいことやってもらった感(*´∀`*)フフ

 

ほんとにいろんなことに勝手にシンパシーを感じながら読ませていただきました。

個人的には当然二冊セットをオススメしますね!!!

完全に営業担当みたいになってますけど、いや〜〜〜いいすよ。

べつにわたしが勧めなくてもみなさん読まれると思いますけど!😂

 

いいすね今週はまさりゅうウィークで、ほんとに!

りゅうの方もちょうど生放送出てくださってね……!

は〜〜〜引きずるわ……

なんかしみじみと酒飲んじゃいましたわ。😂

 

読んでくれる方がいる限り、本家が頑張っていらっしゃる限り、

なんだか細々とでもやっていけたらなっていうか、次があればいいなあって思いますね。

 

というわけで長くなりましたけど!

 

 

創作(BL、一般ともに)もがんばらなきゃな〜〜

つーわけで、いろいろがんばろ!

 

東京駅の鍛冶屋橋なんて全然知らなかった!

このあたりは来たことなかったな〜

 

以上!

 

 

【二次】まさりゅう本『闇に陽光〜』出ました! - 20170906 / 20:38

8月末予定だったまさりゅう本が、やっと出ました!!

やった〜!!

 

 

めっちゃ気合い入れて、愛情たっぷりで書いたので、はやくお手元に届けたかった〜!

お待ちいただいていた方、お待たせいたしました〜!

 

さて、

今回はジャンルの特性上、すこし面倒な方法で頒布をしています。

また、イベントに参加するのが困難なので、デジタルデータのみとなっております。

 

本を買うような流れでご購入いただくのですが、

実際は本ではなく、データのダウンロードURLが送られてきます。

 

(携帯会社のデフォルト設定で、迷惑メール設定がかかっているとPCメールが受信できないことがものすごく多いです。

お申込みはなるべくPCメールをお使いください!)

 

以下、購入についての詳細です。

 

================

 

【概要】

・PDFファイル

A5サイズ:P62

スマホサイズ:P180

・価格:600yen

 

 

【必要なもの】

・PCメールが確実に受信できるメールアドレス

・PDFを開ける端末(PCやスマホなど)

・端末は3M以上の空き容量が必要

 

 

【ご購入の手順】

1.BOOTHでご購入いただきます。

2.ご入金確認後、「発送通知」が届きます。その発送通知に、ダウンロードURLが入ってきます。

3.URLを右クリックか長押しで、ダウンロードしていただき、ご覧ください。

 

 

【ご注意】

・PCメールを受け取れない状態ですと、BOOTHからの通知が届きません。

ご注文前に、かならず、かならずご確認いただけるようにお願いします!

・繰り返しますが、まるで本が送られてくるような流れのお手続きですが、データのみとなります。

 

 

【みんなの幸せのためのお約束】

・原作の関係者にデータを送ることは絶対に行わないでください。

・一般の作品ファンの方がよく見るような場所で、この作品の存在を明かさないでください。

・二次配布は行わないでください。(お友達にデータをメールで送るのもNGとさせてください)

※このお約束を破った方は、ヤバめの呪いをかけますのでよろしくおねがいします。(笑)

 

 

【販売はこちら】

https://nuiarisawa.booth.pm/items/614166

 

※検索にひっかかるとまずいので、タイトルも途中から伏せています。

「闇に陽光」を愛称としておきます(笑)。

正式タイトルは、表紙画像でご覧ください!♡

 

===============

 

以上、いろいろとご面倒ですが、なにとぞよろしくお願いします!

 

とはいえ、一生懸命愛をこめて書きましたので、どうかひとりでも多くのまさりゅう好きの方の元へ届きますように!

どうぞよろしくお願いします!

 

そしてそして、感想とか超絶喜びますんで、ぜひ!

あ、べつに続編とか、イメージレスポンスとか、番外編とか、書いてくれちゃっても構わないんですから〜☆

お待ちしております!!

 

メール不時着のおしらせと近況 - 20170808 / 21:42

どうもこんにちは!

BLOGではちょうご無沙汰です!

 

先日、7/31にサイトのメールフォームより、

とってもとってもご丁寧にクレしん作品のご感想をいただいたのですが、

お返事を出したところ、メルアド不明で戻ってきてしまいます。

 

おそらく携帯のメール受信設定で、

PC(gmail)などからの受信を拒否されているのだと思うのですが、

もしよかったら、PCメールから受信可能なアドレスで、

もう一度ご連絡いただけると、とってもとっても嬉しく思います!

 

せっかくいただいたご感想に、お返事書かせていただきたいです〜><

 

よろしくお願いいたします!

 

 *

 

さて近況ですが、

創作は「悲愴」をちまちまと、エブリスタに掲載。

あとはこっちで出していませんが、ほんとうに普通の創作作品を書いています。

普通ってなんだよって感じですけど。BLじゃないってことです。

でもそこはかとなく漂いますけど。

 

超珍しいのが、二次創作をしています。

必殺仕事人Vです。唐突に。

政竜です。

30年前のものを掘り返しては人生最大のピークかよ、みたいな感じになっています。

リアタイじゃないけど、いまだから書ける旧き良き耽美小説現代版、みたい感じで(どんな)。

 

創作を優先にしているため、

イベントに出たり、印刷する本にはする予定はないんですが、

そのわりに執筆の割合はいま完全に必殺です。まじ深手を負いすぎ!

 

8月中に、政竜本をオンラインでDL販売できればと思っています。

誰が読みますか?? て感じです。

悲しいよ! でもしょうがない、書くしかねえ。

 

もしご興味がある方がいらしたら、

TwitterとPixivを張っていただきたいって、切実に思っています!!!!!

(初めての鍵付きアカウントとか作ってしまったからね……)

 

 *

 

なおサーバ移動にともない

二次創作サイトを閉じてしまったため、

そのうち創作サイトからこのブログへのリンクも変更します。

 

創作の読者さんにとっては二次創作の話題きもちわるい! っていう方もいるかもですが、

すべてにおいてそうそう頻度も高くないので、ゆるしてください。

 

 

そういうわけで、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

URLが変わりました! - 20170125 / 00:38

とりあえず復帰しました。

サーバー移動に手こずりました。

こんなにプログラム使ってたのかと、あとで気づきました。反省しております……

 

復帰したはいいが小説が読めないという状態になっております。

小説家になろうさんのところで悲愴だけ読めます。

http://ncode.syosetu.com/n3408cd/

 

またURLも変更になりました。

http://nuiarisawa.com/

こちらになりました。

 

作業が結構大変なので、すべて整うのはいつになるのやらといったところですが、

執筆だけは平行してやります。

 

仕事の関係で本当に手が回らなかったんですが、働きかたをまた整理したので、やれるかな。

死ぬまで書くことだけは変わりないですが、その他諸々の発表の作業が大変ですね……

 

小説読めない状態って何ソレですが、利の誕生日なので、ふんばってURL公開だけはしたかった!

 

というわけでした。

もし行方不明中に訪問してくださった方がいらしたら、申し訳なかったです。

URLはもうあと10年くらい変わらないと信じております。(笑)

 

よろしくお願いします!

 

 

10年ぶり悪魔様新刊出ます - 20161005 / 22:45

2016年10月9日(日) COMIC CITY SPARK11内悪魔様プチオンリー

「SECRET OBJECT XX」
ホ−04b 隠秘哲学社さまに、委託で置かせていただきます!

(当日はわたしもスペースにお邪魔いたします)
ペーパーラリーは検討中!

 

10年ぶりの新刊です。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

詳細はこちら↓

 

http://www.pixiv.net/member.php?id=1864842

朝までコースばかりだったので - 20160914 / 21:43

仕事が朝までコースばかりで、本当に2ヶ月近く原稿ができなくなって死んでましたわ……。

書けないストレスすごい。

すこしは落ち着いたので、10月のイベント(J.Gardenではない)に向けて、できる限りのことをと思って原稿に向かっています。

 

悲愴が完全にとまっているのがすごい悲しい。

 

人生本当に何があるかわからないものです。

予定が狂いまくる。

 

下巻はいつになるのか? 来年になりそうですね……。

更新お待ちいただいている方にはほんとうに申し訳ない限りです。

なんとかいろいろ頑張っております。

 

 

 

悲愴20話 - 20160629 / 18:42

悲愴20話上げました〜!

 

人生いろいろやって常に大暴れだけど、

J庭は都合がつかない感じがしてきたので、見送るかもしれん!

 

せめて頑張って悪魔本一冊は出したいんだけど!

 

とはいえ執筆は悲愴にかかりっきりだ〜。

 

ことしももう半年経つのか〜早いけど今年はとんでもなく濃い半年だった……。

 

とりあえず新鮮な薫と利が愉しいな。

よくおまえらそこで我慢できたなって、読み返しつつ、書きつつ、こっちが辛いわ!

 

ああ妖華ちゃんの誕生日をスルーしてしまった。

今年も薫に薔薇の花を貰って呼吸困難だろな〜。

 

しかしよそであらゆること書いてるから、

もう本当にここで書くことがない(笑)。

創作の話は生々しすぎるのとネタばれと作者の意向が入りまくるから語れないし。ちぇ〜。

 

 

悲愴19話。哀は誕生日です。優子さんありがとう! - 20160520 / 21:29
「悲愴」19話を上げました。

今日は哀の誕生日!
LSDでパーリナイ後、晧と一緒にしっぽりですね。
(深い意味はござーません・笑)
新悲愴では哀ちゃんのセリフも行動も、
他のキャラのセリフも行動もすこし変わったり増えたりしているので、書いていて楽しいです!


昨日水谷優子さんの訃報を聞いて号泣したわたしでした。
水谷さんをはじめ、90年代の声優・アニメ最後の黄金期を築き上げたメンバーがいなくなるというのは、ほんとうにつらいです。
だけど優子さんにはほんとうに思い入れがありました。
めっちゃくちゃ好きでした。
ミニーにどれだけ人生でお世話になっているか。
改めて知ったわけです。
もうわんわん泣いた。久しぶりに声上げて泣いた。
優子さんが大好きで尊敬していた富山敬さんに、まだ連れて行かないで! って叫んだ。

こういう生活の中に根付いてる人がいなくなるというのは、
日々いなくなることを実感させられることが多いです。
さっそく家のどこにいても、優子さんの声でしゃべるミニーがあちこちにいて、つらいつらい。
きっつい。

死とは悪いことではないので、本来はある意味、お疲れ様でしたと送り出すべきことですが。
乳がんとか、悔しすぎて。
治るんですよ。
マンモじゃないし、手術でもないし、抗がん剤でもない。
悔しい。ほんとうに悔しい。
悔しすぎて悔し涙が出ます。

ことしは訃報続きで、喪失感がすごい。
生きるの怖くなっちゃいますね……。
だけど命がある限りは、粗末にせず、まっとうせねばならないのだと、優子さんの役者魂を想いながら、頷きました。

年齢じゃない。その年齢ぶんを、どう生きたのか。
生き方、貫き方、志ですね。

これからいちいち辛いのが見えているのできついけど、でもさいごまで「仕える事」をした優子さんに、感謝をして、みならって、いきねばと思います。



ちょっと重いブログばっかでごめんなさいよ〜。
さびしいね、ほんと。


 
1/5 >>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Login